FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミファイナル

昨日の夕暮れ、長浜公園。




さすがにこの時間帯は薄着だと肌寒い。
もうそんな季節です。




でも。
ツクツクボウシがめいっぱい、鳴いてました。
そこだけ、夏の終わりの蝉時雨。




「そういえば、今年はあまりツクツクボウシの声を聴いてなかったな…」




こんな季節になるまで地中で何やってたんだツクツクボウシ達よ。
季節の感覚がわからなくなるくらい、今の気候はおかしくなってるのか?
蝉が地中から出るのをためらうくらいの猛暑だったって事なのか?




でもきっとツクツクボウシも、地上に出て驚いた事でしょう。
蝉に取ってはこの涼しさ、おそらく繁殖どころではない大寒波。
寒さにやられて命尽きるのが先か、交尾を果たして子孫を残せるのが先か。




私が耳にした蝉時雨も、種の保存を賭けた、それこそ血を吐くような必死の咆哮だったのでしょう。




ツクツクボウシの鳴き声が残暑の風物詩でなくなるのは、ひょっとするとそう遠くない未来かも知れません。




そんな感傷に浸っていたら。
かなり足を蚊に食われてました(笑)
涼しくなったのをいい事に、そこは油断しました(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。