FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙のあがる6連発

台風接近で開催が危ぶまれていた、今年の大濠花火大会。
無事行われて、本当に良かったですね!




ところで。
何故花火大会って、夏に開催されるのでしょう?




気になったので、調べてみました。
今を遡る事1733年(享保18年)、吉宗将軍の時代に、飢饉による死者の弔いと悪霊退散祈願のため、現在の隅田川の水神祭りにあわせて花火を盛大に打ち上げたそう。




これが隅田川花火大会の起源で、その後この行事が全国に広まり、夏の風物詩として夏に花火大会が開催されるようになったんですね。




夜空を彩る打ち上げ花火も素敵ですが、思い出に残るのは、やはり子供時代の花火遊び。
お盆の時期に親戚が集まって、ねずみ花火や線香花火をみんなで楽しんだものです。
そのあと、大人も子供も手に提灯を持ち、野辺送りの行列を作って仏さまを送り出す…




懐かしいなぁ…




いい大人になってからでも、花火は童心に返りますよね。
久し振りに、またやってみたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。